西野大森の高橋ロニンのステレオタイプは変わりました。


hEYFxW / 日曜日, 10月 25th, 2020

小田切のせいで、西野はそんないきなりの野望感があまり良くなく、空までの尻尾の姿が嫌です。

もともと高橋ロニンはこのグループの一人だと思っていたのですが、結局小田切を片付けていたのです。でも話してみると、高橋ロニンにはそんな横暴な気持ちがなく、とても気持ちがいいと思いました。

高橋ローニンは、西野大正の印象が変わったことを知らなかったので、ドアに戻ってコンピューターを取り出し、自分の翻訳ビジネスを始めました。

演技の関係で、最近は翻訳量が激減しており、月末に原稿が届くと、量が足りなくなるのではないかと心配しているので、急いで対処する必要があります。

今、彼は自分の演技スキルを開く正しい方法を見つけました。彼は自分のペースで続ける必要があります。そのため、演技力の面では、一時的に遅くなる可能性があり、急いで翻訳の問題を解決するために時間の一部を割り当てるのは無意味だと彼は考えています。

両手でつかみ、適度に時間を割り当てます。

もちろん、別の理由があります。高橋ロナニは、翻訳の仕事を演技と人生を区別するためのスイッチと考えており、漢字を見ると、岸に停泊している船が自分の体重に合った錨を落としたかのように、だんだん落ち着いていきます。

剣堂も同様です。

 

次回高橋ロニンが3時1行になると、居酒屋で仕事を終えたものの、まだまだ時間が足りない。高橋ロニンの状態が良くなり、背後のスピードも速くなっているので、深作健太の撮影は次々とノンストップで行われています。

演技学校では、小松奈々が先週高橋ロニンから渡された傘を持ってきたが、高橋ロニンは来ず、乗組員をほぼ閉じた状態で撮影していた。深作健太は、今年中に映画をファイルに入れたいと思っています。彼の父親のつながりは、映画が作られている限り、彼が並んで待つ必要がないのを助けたので、彼は彼自身のチャンネルを使ってそれをリリースすることができます。

高橋さん、今日は来ませんか?しばらく部屋で待った後、高橋ロニンを見ずに授業が始まるのはいつかと尋ねた。

まあ、彼は乗組員を和らげました、そしてそれはすぐに働きました。加瀬は、自分のために用意した線の暗記を手に持って答えた。

いい先生。

小松奈々は一生懸命頑張って口調を落ち着かせたが、止められない失望感があり、息を呑み、前に行った練習を思い出すよ