たとしても、彼は故郷のヘイウーチャンからハンフを着るかどうか疑問に思いました。 。


hEYFxW / 火曜日, 11月 10th, 2020

飯塚太郎さんもステーキなどを用意していたので、やっぱり無常は世界の美味しさを味わうことができるようです。

朝から月の梢まで、彼は自分がどれだけのコーヒーを飲んだか分からないが、黒武昌はまだ顔の兆候を見せていない。

心配している飯塚太郎は、平武昌さんがラーメンを準備していることを知りませんでした。彼は、手首の処方箋から身近な暖かさが出るまで、12時近くまで待っていました。

やってくる!

飯塚太郎は顔にエクスタシーの表情を浮かべ、長い間待っていて、ようやく返事をもらった。

窓の外は平凡な夜なのですが、今夜の特別な季節には飯塚太郎の目には並外れた美しさがあり、その美しさも奇妙です。

間違った人を見つけられなかったようです。飯塚太郎の後ろに突然無常の声が響いた。

主無常。飯塚太郎は若すぎず、不思議な音に怯えて死にそうになった。

しかし、この地方の官僚にとって、彼が死ぬほど怖がっていたとしても、それは大きな問題ではないはずです。

友達から連絡をもらったので、あなたの手配にはとても満足しています。

平武昌は、飯塚太郎を見下ろしました。私は今日約束したことをするためにここにいます。

不死、不死、そして復活。クレイジーな考えが飯塚太郎の心に転じた。

不滅であるという孤独については、長く生きることは良いことではありません。飯塚太郎は、このような愚かなでたらめを信じていません。これを永遠に生きようとする人はいないので、どうして不死について話すことができるでしょうか。利点と欠点があります。

それは、皇帝の幸福が金の鍬で土地を耕すことにあるかどうかを考えて、畑で働いている農夫のようなものです。

私、私、私、彼はしばらくおしゃべりして何と言ったらいいかわからなかったし、数日前には中曽根首相の葬式である飯塚太郎も当然出席した。

飯塚太郎氏は、相手が首相や中曽根家の強力な政治資源であったにも関わらず、心からお悔やみ申し上げますが、共感したのは南京龙凤论坛中曽根氏の死でした。

正式に政治に踏み込む前、中曽根はすでに風と雨を呼ぶ大きな男でした。

彼の生涯の栄光とは関係なく、死はそれが言うように来る義務的な条約にすぎません。中曽根が彼の死の前に彼の平均余命を増やす方法があることを知っていれば、彼は価格がどんなに高かったとしても喜んで支払うでしょう